大腸がんは転移のリスクがある|初期段階で悪性細胞を見つけよう!

症状に早く気づこう

医者

神経に出来るがんのことを聴神経腫瘍と言います。良性腫瘍ということから進行スピードは遅く経過を見守れる疾患です。手術を受けることも出来るため、その場合は医師と話し合いましょう。

More Detail

他の臓器にも移る

man and woman

罹患数の多い大腸がんは進行が遅いことで有名です。見つけるのが早かった場合は手術で取り除くことが可能ですので、早期発見を心掛けましょう。どのような病態なのか知っておくとスムーズに対応出来ます。

早期発見をすれば完治の望みはありますが、遅れてしまうと小腸などの大腸と近い場所へ転移してしまうこともあるのです。場合によってはリンパ節に転移をしてしまうこともあるためなるべく早めに見つけた方が良いということが分かります。
大腸がんを患った方の中で肝臓に転移をしたという方もいます。大腸と肝臓は隣接しているため、がん細胞が血液の流れに乗って肝臓へ転移することもあるのです。肝臓はがんを発症してしまっても症状が表れにくいです。しかし、横断や倦怠感などの自覚症状が表れた場合は、肝臓へ転移をしている確率が高いのです。

肝臓に転移してしまった場合は、外科的手術で切除しなければなりません。そうすれば40%近く治癒させることが出来ます。生存率は約50%と半々です。肝臓以外にも大腸がんはあらゆる箇所に転移してしまいますので、適切な処置を受けて下さい。大腸がんに特化した医療機関などもありますのでリサーチしてみると良いでしょう。
がんは治らない疾患と思っている方が多いですが、初期段階で見つけると生存確率は上がります。近年は最新治療なども増えていますので、どのような治療法があるのかというのも念のためにチェックしておきましょう。薬物療法や外科的療法の違いや特徴を知っていると適した療法を選択しやすいです。

早期発見で助かる命

横になる患者

進行すると移転してしまう恐れもある乳がんは、検査をして早期発見をすると助かる確率が高くなります。浮腫みや、しこりなどの症状がある方は、念のために医師の診察を受けて下さい。

More Detail

がん細胞と戦う治療

女性と看護師

自身の細胞を利用して治療を行なうことを樹状細胞療法と言います。がん細胞に目印を付けてくれるため、スムーズにリンパ球が攻撃出来る仕組みになっているのです。副作用も比較的ありません。

More Detail